「タバコは体に悪い」喫煙者ならば、誰しもが分かっていることだと思います。
しかし、実際に人体にどのような影響を与えるのか、細かく知っている方はそれほど多くはありません。

喫煙がどのように体に害を与えるのかを知ることで、禁煙の意欲がわいたり、予防策を行うことが可能となる場合もあります。

そこでこの記事では、タバコ(喫煙)が健康に与える影響と8つの害を徹底解説していきます。

タバコが健康に悪影響を与えるのは嘘?本当?

そもそも、タバコは健康にどのような影響を与えるのでしょうか?
実は、タバコの煙には「4,000種類以上」の科学物質が含まれており、その中には健康に悪影響を及ぼす有害物質も多く存在します。

また、有害物質の種類は実に『200種類以上』にものぼり、中には「発がん性物質」も約50種類含まれています。

一般的にタバコの有害物質としては、
1.ニコチン
2.タール
3.一酸化炭素
などが有名ですが、それらは有害物質の氷山の一角に過ぎないのです。
これだけの有害物質を吸っているため、当然ながら健康へ与える悪影響は大きくなります。

知ってる?タバコに含まれるこんな有害物質

タバコに含まれる有害物質の種類は非常に多いです。そのため、中には聞いた事もないような物質名が多く存在します。

そこで、ここではタバコに含まれている有害物質が、普段何に使われているものなのかをご紹介していきます。

タバコに含まれる有害物質タバコ以外で、実際に物質が含まれている製品
ヒ素アリの殺虫剤
トルエン工業溶剤
ブタンライター用燃料
カドミウムカーバッテリー
アセトンペンキ除去剤

以上の物質は、あくまでタバコに含まれる有害物質の一部に過ぎません。
アリの殺虫剤やカーバッテリーなどに含まれる物質を体に取り込んでいると考えた場合、「体の健康を損ねる」と想像するのは容易なことであり、ゾッとしますね。

タバコが健康に悪い3つの原因

これまで説明してきた中で、タバコが如何に健康に悪いかは分かっていただけたのではないでしょうか?
では次に「タバコがなぜ健康に悪いのか?」その原因をみていきましょう。

①血管が収縮してしまう

タバコの有害物質の代表格とも言える『ニコチン』ですが、ニコチンには人間の血管を「縮小させてしまう」効果があるとされています。

ニコチンは動脈に刺激を与えてしまう作用があるため、その効果で血圧が上昇し、さらには毛細血管が縮小してしまうのです。毛細血管が縮小してしまうと血行の悪化に繋がり、身体のいたるところでその影響を受けることとなります。

例えば、毛細血管が縮小すると栄養が体の隅々に十分に行き届かなくなるため、肌の乾燥やシワやたるみなどに繋がります。また、髪の毛にも栄養が行き届かなくなってしまうため、薄毛の原因ともなりえるのです。

その他にも、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を取り込みやすくし、「脂肪を血液の中に放つ原因になりえる」など、血管の縮小は病気になりやすい環境を作ってしまうこととなるのです。

②タールが活性酸素を大量発生させる

『活性酸素』という物質をご存知でしょうか?
活性酸素とは、私達人間が健康的に暮らすために不可欠な物質であり、体に害をもたらす細菌などを駆除してくれる役割を果たしています。しかし活性酸素は、もし大量発生してしまうと、体の外敵だけでなく必要な細胞や遺伝子までも破壊してしまうという特徴もあるのです。

そして、タバコに含まれる物質「タール」には発がん性物質が含まれているため、活性酸素がそのタールを異物と捉え、破壊するために大量発生してしまう可能性があります。

その結果、前述の通り活性酸素は私達の健康や成長のために必要な細胞や遺伝子までも破壊してしまうため、体の老化を進行させたり、皮膚がんなどの病気を発症させてしまう原因となってしまうのです。また、活性酸素の大量発生はお肌への影響も大きいです。コラーゲンも破壊してしまう活性酸素の大量発生は、肌のたるみやシワの原因となりえます。

③一酸化炭素が酸欠の原因に

タバコには『一酸化炭素』が含まれているのですが、この一酸化炭素は「酸素の200倍以上ヘモグロビンと統合しやすい」とされています。
すると、どうなるのでしょう?

ヘモグロビンと一酸化炭素が強く結びつくと、体内に酸素を取り込んだとしても全身に循環することができなくなってしまうため、酸欠状態を引き起こしやすくなるのです。

人間にとって酸素は必要不可欠なものであり、酸素不足は頭痛やめまい、手先の痺れなどを発生させる原因となってしまいます。

タバコが健康に与える5つの害

タバコが健康に与える害は非常に多く、全ての可能性をあげていってはキリがありません。そこで、この項目ではタバコが健康に与える害の中でも、代表的な例をご紹介していきます。

①余命が短くなる

タバコの代表的な健康に与える害の中で「余命が短くなる」というのは有名です。
しかし、タバコを吸っている人の中で、どれだけの人がこの害を認識しながら喫煙しているでしょうか?実際には、ほとんどの人があまり実感もわかずに、タバコを吸っていることだと思います。

ですが、「タバコが人間の余命を短くする」というのは統計上でもはっきりとしていることなので、長生きしたいならばしっかりと情報を認識しておきましょう。実際に過去に行われた調査では、日本において20歳未満でタバコを吸い始めた男性(1920~45年生まれ)の72%は『70歳』まで生存していたのに対し、タバコを吸わない非喫煙男性の場合は72%が『78歳』まで生存していた事が分かっています。その差は『8年』、実に喫煙者と非喫煙者の間では、平均8年も寿命に差が出てしまうのです。

また、50歳を超えてくると死因が「喫煙」と判断されるケースも増えてきます。それほど、たばこが健康に与える害は大きいのです。禁煙はいつ始めても「遅い」ということにはなりません。たとえ、60歳から禁煙したとしても統計上寿命は3年伸びる計算となります。より長生きしたいならば、どのタイミングになったとしても禁煙を始めるべきなのです。

②肌荒れをおこす

ビタミンCは「アンチエイジング」や「コラーゲンの生成補助」などに期待できるため、美容にいいとされています。しかし、タールやニコチンはビタミンCやコラーゲンなど、肌の健康を保つために必要な栄養素を破壊してしまう性質をもっているのです。

そのため、喫煙は肌のツヤやハリが失われる原因となり、にきびやそばかすが発生してしまう可能性を増加させてしまうこととなります。

③肌の老化が急激に進行する

喫煙は、肌の老化を急速に早めることとなります。タールは活性酸素を大量発生させる原因となりますが、活性酸素によって健康的な細胞を酸化するということは老化することと同様であるため、喫煙者の肌の環境はどんどん悪化していくこととなります。

肌の老化が進んでしまうとハリがなくなりシワが増え、健康的な顔とは程遠くなってしまいます。そのため、実年齢よりも老けて見られてしまう機会も多くなってしまうのです。

④様々な病気リスクが高まる

喫煙は様々な病気リスクが高まってしまうので、その一部をご紹介していきます。

◯肺がん
肺がんは日本人の癌部位別死亡率1位の病気であり、喫煙は肺がん発症率が約4倍~5倍高まってしまうといわれています。そして、「肺がんにかかる男性の約70%と女性の20%は、喫煙が原因で肺がんが発症してしまう」というデータも存在するのです。

◯慢性閉塞性肺疾患(COPD)
『慢性閉塞性肺疾患(COPD)』という病気は、聞いたことのない方も多いでしょう。しかし、実際はタバコとかなり関係のある病気です。

COPDが発症してしまうと、ちょっとした坂道や階段の昇り降りで息切れを起こしてしまうようになります。そして、その後万が一重度のCOPDとなってしまうと、自宅での酸素呼吸が必要となるケースもあり、場合によっては呼吸不全が原因で亡くなってしまう可能性もありえる恐ろしい病気となっています。

また、他にもCOPDには「自身が病気にかかってしまったとしても気づきにくい」という、最大のデメリットともいえる特徴があるのです。喫煙者の6人に1人はCOPDだといわれていますが、発症しているのに気づいていない方を含めるとその人数はもっと多い事が予想されています。

喫煙者であり、尚且つ「最近息切れしやすくなった」「咳や痰が頻繁に発生する」といった症状が出てしまっている方は、手遅れになる前に一度診察を受けてみることをおすすめします。

◯脳卒中や心筋梗塞
タバコに含まれている物質「ニコチン」は、血管の縮小や血圧の上昇、心拍数の増加をもたらします。すると、血管が詰まりやすくなってしまい、動脈硬化が促進され、脳卒中や心筋梗塞の大きな原因となりえるのです。

喫煙者と非喫煙者を比較すると、心筋梗塞が発症してしまう可能性が男性喫煙者の場合だと約4倍、女性の場合では約3倍高くなるとされています。

また、脳卒中の場合も同様であり、喫煙者が脳卒中で亡くなってしまう可能性は男性で約2倍、女性で約3倍高くなってしまいます。脳卒中も心筋梗塞も死に至る可能性が十分にある恐ろしい病気です。寿命を縮めたくないならば、タバコはやめるべきです。

◯うつ病
「タバコを吸うとストレスが解消する」なんて事を聞いた事はないでしょうか?事実タバコを吸うと、ニコチンの効果により脳からドーパミンが放出されて、快感を得ることができます。しかし、その快感は脳や体が慣れていくにつれて効果が薄くなっていき、しまいには「うつ症状」を引き起こしてしまう可能性があるとされているのです。

タバコとうつ病の関連性は明確に判明しているわけではないのですが、データ上では喫煙者は、非喫煙者よりも約3倍うつ病が発症しやすいことが分かっています。うつ病の傾向がある方は、まずは禁煙を始めることで症状が改善に向かうかもしれません。

⑤妊娠や出産、胎児にも影響あり

喫煙が妊娠や出産に悪影響を与えると知りながらも、タバコをやめることができない方は少なくありません。しかし、自分の子供が元気に生まれてきてほしいと願うならば、喫煙は断固やめるべきです。タバコは、胎児の低体重や、流産、早産などの原因となる可能性があります。

また、妊娠中に禁煙し、出産後再度喫煙を始める方もいらっしゃいますが、母親が取り込んだニコチンは、母乳として赤ちゃんが摂取してしまうこととなるためNGです。タバコは、いかなる場合にも子供に悪影響をもたらしてしまうのです。

禁煙できない…喫煙者でもできる健康対策5つ

タバコが体に悪影響を及ぼすことはもはや周知の事実ですが、その中でも「分かっていてもやめられない」という方は多いでしょう。
そこで、ここでは喫煙者でもできる健康対策をご紹介していきます。

①運動を行う

タバコは血管の収縮させるリスクがあり、体に多くの悪影響をもたらします。

そのため、血行不良を改善するために運動を行ないましょう。ただし、運動慣れしていないのにいきなり激しい運動を行うと、きつくてすぐにやめてしまう可能性が高くなってしまうので要注意です。継続してできるよう、ある程度はゆとりをもってできる運動を行うのがおすすめとなります。

運動に慣れていない方は、まずは30分程度のウォーキングから始めてみましょう。ウォーキングのコツは「下半身を使って運動している」ということを、しっかりとイメージすることです。また、普段使っているエスカレーターやエレベーターを利用せず、階段などを使うなどのちょっとした工夫も効果的です。

②ビタミンCを摂取する

タバコは「ビタミンCを破壊する」という特徴を持っています。

ビタミンCの欠乏は、
・食欲不振
・下半身のむくみ
・傷が治りにくくなる
・疲労感や倦怠感がでる
・歯茎が腫れる
・歯茎から出血しやすくなる
などといった症状を引き起こしてしまいます。

上記はほんの一部分ですので、ビタミンCの欠乏がどれだけ健康に影響を及ぼすか分かりますね。また、ビタミンC は「アスコルビン酸」とも呼ばれ、酸化による細胞のダメージの修復に力を発揮します。

タバコや紫外線などによるダメージを修復するには、コラーゲンやたんぱく質が必要となり、この生成にビタミンCが力を発揮するのです。

そんなビタミンCを摂取するためには、ビタミンCを多く含んだ食事を取るのがおすすめです。

中でも、
・赤ピーマン
・黄色ピーマン
・焼き海苔
・味付け海苔
などの食材は、ビタミンCを多く含んでいる食材となっています。

また、どうしてもこれらの食材を毎日食べるのは難しいという方には、市販のサプリメントを上手に活用し、もっと手軽にビタミンCを補うという方法もあります。

③ストレスをためない

ストレスをためてしまうと「タバコを吸いたい」という衝動にかられてしまいます。実は、タバコを吸ってもストレスが和らぐのは瞬間的なものであり、これこそニコチン依存症となる、典型的なパターンなのです。少しでもタバコの本数を減らすためには、ストレスを適度に解消しておく事が重要となります。

そこで、ここではいくつかの『おすすめストレス解消方法』をご紹介していきます。

◯カラオケ
カラオケはストレスを解消させるのにかなり有効な手段です。科学的にも「大声を出すと自律神経が整う」とされており、カロリーも消費されるため一石二鳥となっています。最近では『一人カラオケ』も流行していますので、一人でも気軽に訪れる事が可能です。

◯半身浴
ストレスの解消や血行改善、ダイエットやデトックス効果など、多くのメリットをもたらしてくれるのが半身浴です。また、水分補給を行いながら半身浴をすれば、更に高い効果に期待できます。

◯運動
運動は血行改善だけでなく、体をリフレッシュさせる効果もあります。また、中でも『ジョギング』や『ウォーキング』などの有酸素運動を行うのがおすすめです。有酸素運動はメタボを防止・改善する効果にも期待できるので、肥満気味の方にも推奨できるストレス解消方法です。

④疲労を回復させる

タバコを吸うと、活性酸素の大量発生やビタミンCの破壊と欠如、血管収縮などの影響で体が疲れやすくなってしまいます。疲労が溜まると、ストレスの蓄積や免疫力の低下などに繋がってしまうため注意が必要です。

そうならないためにも、疲労は日々の生活の中で適度に解消しておかなくてはいけません。では実際に、疲労解消のためにはどのような手段が有効なのかみていきましょう。

おすすめの疲労解消方法を紹介します。

◯お風呂
お風呂には体を休める効果に期待できます。特に、就寝前にぬるめ(38~40℃)の入浴を行うのがおすすめです。副交感神経が優位になるため、就寝前に体をリラックスさせることができます。

◯睡眠
睡眠は、疲労を回復させるために必要不可欠となります。十分な睡眠をとらなければ脳細胞が休まらず、自律神経の乱れに繋がる可能性もあるため、疲労回復を妨げてしまうこととなります。できれば、睡眠時間は6~8時間とるのが理想的です。また、寝る前にコップ一杯分の水(常温)を飲むと、身体の深部の温度を下げ、より深い睡眠をとることができるようになるのでおすすめです。

◯栄養バランスが整った食事を取る
疲労を回復させるためには、3大栄養素である「炭水化物」「脂質」「タンパク質」は勿論、それらの栄養素をエネルギーへと転換させる際に必要な「ビタミン」や「ミネラル」をバランスよく摂取しなくてはいけません。ジャンクフードなどが食事のメインとなると、栄養が偏ってしまうため十分に疲労を回復させることができません。野菜や魚、お肉などをバランスよく摂取する事が疲労回復に繋がります。

⑤スモーケア(サプリメント)を摂取

タバコは「血流の悪化」や「酸化」といった問題を引き起こし、健康を害してしまう大きな原因となります。しかし、最近ではそれらのタバコの害を抑えるサプリが上市されています。

それは『スモーケア』というサプリメントで、エビデンスの裏付けもあります。スモーケアは「タバコをやめたくてもやめられない・・・」といった方のために開発されたサプリであり、その名の通り喫煙者でもタバコの害をケアすることに特化したサプリとなっています。では、次にそのエビデンスを見てみましょう。

タバコの害を抑える成分『活性トリプ』に注目!

『活性トリプ』とは、タバコの有害物質をブロックして健康を守ってくれる有効成分の結合体として、今とりわけ注目されはじめています。

活性トリプの主な成分は以下の3つです。

①α‐リポ酸

抗酸化力がビタミンC・E の約400倍ある『α‐リポ酸』は、私たちの呼吸やエネルギーをつくるミトコンドリアの中に存在し、酵素の働きをサポートしています。

解毒作用や抗酸化作用を発揮することが知られていて、米国カリフォルニア大学の報告では、α‐リポ酸の抗酸化力は、ビタミンCやEの約400倍あるとされているのです。

その他、疲労回復や糖代謝の促進、美容においては美白素材としても注目され、このように万能な働きを持つα‐リポ酸は、既に海外の健康食品市場において広く普及しています。

日本では厚生労働省の食薬区分の改正で、α‐リポ酸の健康食品への使用が可能となり、抗酸化作用をはじめ、数多くの力強い働きが大きく注目されています。

②ビタミンC

ビタミンC は、アスコルビン酸とも呼ばれ、酸化による細胞のダメージの修復に力を発揮します。また、タバコや紫外線などによるダメージを修復するにはコラーゲンたんぱく質が必要となり、前述の通りこの生成にはビタミンC が力を発揮します。

このようにビタミンC は、病気から身体を守るための働きを手助けしているのです。

③へスペリジン

へスペリジンは、ポリフェノールの一種で「みかん」「ゆず」などに多く含まれています。血流改善に有効とされているヘスペリジンですが、欧州では医薬品原料として、また、漢方薬「陳皮」の成分としても知られ世界中で利用されているのです。

その他、ビタミンCの消耗を抑制し、ストレスの軽減や血圧上昇抑制するなど、その幅広い働きが報告されています。

これらの成分は、いずれも喫煙による健康被害の改善を手助けしてくれる効果を持っています。また、活性トリプは臨床試験でもその有効性を実証した実績があります。

活性トリプの臨床試験結果

ここでは活性トリプの臨床試験結果から、いかに活性トリプがタバコの害のケアに有効かをご紹介していきます。

◯「活性トリプ」で生体の酸化を抑える力が 5 倍!

「活性トリプ摂取グループ」と「プラセボ(偽薬)摂取グループ」とで生体の酸化を比較した結果「プラセボ(偽薬)摂取グループ」は、4 週間タバコを吸い続けたことで、生体の酸化が進み悪化の数値が大きくなりました。それに対し、「活性トリプ摂取グループ」では悪化の様子が殆んど無く、その差はなんと『5倍』の数値の違いが表れたのです。その結果、「活性トリプ摂取グループ」は「プラセボ(偽薬)摂取グループ」よりも5倍も生体の酸化を抑える事が証明されました。

◯「活性トリプ」で血流促進が 2.5 倍!

「活性トリプ摂取グループ」と「プラセボ(偽薬)摂取グループ」とで血流の速さを比較した結果、「活性トリプ摂取グループ」は、4 週間タバコを吸い続けた後でも、摂取前と比べて血流が早くなることが分かりました。一方「プラセボ(偽薬)摂取グループ」は、血流が悪化していました。実験の結果、「活性トリプ摂取グループ」の方が『2.5倍』も血流を促進する効果がある事が証明されたのです。

◯「活性トリプ」で肌の水分量が 4 倍に!

「活性トリプ摂取グループ」と「プラセボ(偽薬)摂取グループ」とで肌の水分量を比較した結果、「活性トリプ摂取グループ」は、4週間タバコを吸い続けた後でも、肌の水分量が摂取前と比べて有意に改善しました。一方、「プラセボ(偽薬)摂取グループ」は、殆んど変化がありませんでした。その差は実に『4倍』、実験の結果「活性トリプ摂取グループ」の方が4倍も肌の水分量を改善することが証明されたのです。

活性トリプの臨床実験の結果は以上のとおりです。見ていただいたら分かるとおり、非常に優秀な数値を残しています。
特に、タバコの最も懸念すべき害である「生体の酸化」と「血流の改善」といった面で、優秀な結果が出ているのは、タバコのケアに適していることを証明しているといえるでしょう。


タバコの害を抑える専用サプリ『スモーケア』の詳細はこちら

活性トリプが配合された『スモーケア』!

前述させて頂きました、タバコの害を抑える専用サプリ『スモーケア』には「活性トリプ」が配合されているため、上記の臨床実験結果のような喫煙ケアの効果を得る事が可能となります。

また、スモーケアには「コラーゲン」も配合されているため、お肌の悩みを持っている方にも推奨できるサプリです。サプリメントはただ飲用するのみで手間もかかることはありません。

そのため「タバコをやめたくても、やめる事ができない」といった方に、有用な喫煙ケア方法となっています。

まとめ

タバコは、体に与える影響を考えれば、1日でも早く止めることにこしたことはありません。また、禁煙を始める時期は何歳になっても「遅い」という事はないので、年齢は関係なく禁煙はどのタイミングになったとしても実行すべきです。

そして「禁煙が難しい」という場合でも、タバコの害をケアすることで健康に与える影響を軽減する事が可能となります。

中でも、タバコのケアに特化したサプリメント『スモーケア』を飲用するのがおすすめです!活性トリプが配合されたスモーケアならば、「生体の酸化」や「血流の悪化」などといったタバコの害をケアする効果に期待できます。

禁煙が難しいという方はまずは健康面を考慮し、手軽に始める事ができる『スモーケア』を検討してみて下さい。


タバコの害を抑える専用サプリ『スモーケア』の詳細はこちら